ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

2014年 衆楽園のもみじ

24.jpg

 衆楽園は、江戸時代初期に津山藩主・森家によって築造された回遊式の庭園です。元禄11年(1698)に松平家が 藩主となって以後幕末までは、家臣や他藩・他家からの使者を謁見するための「御対面所」、または藩主の隠居所の庭園として使われ、明治3年(1870)に 「衆楽園」として命名されました。

 平成14年6月には国の名勝に指定されました。大名庭園としての国の指定は、岡山市の後楽園に次いで岡山県下で2例目です。
 今は一般開放(入園無料)され、四季折々の美しさを見せ、市民や観光客に親しまれています。(文:津山市HPより抜粋)2014年11月16日取材

5.jpg51.jpg

ミツマタの松は縁起がいいからと拾っていらっしゃいました。

49.jpg52.jpg55.jpg3.jpg

池の水どりが日向ぼっこしていましたよ。                     霧島と風月軒

4.jpg34.jpg

衆楽園の松の木と紅葉のコントラストは素晴らしい。

44.jpg45.jpg

衆楽園から津山城(鶴山公園)が見えます。

37.jpg39.jpg

余芳閣・迎賓館

23.jpg22.jpg

ここからお殿様が庭をご覧になっていたのです。

8.jpg10.jpg9.jpg

余芳閣の二階から目にする庭園の様子です。

17.jpg19.jpg15.jpg

余芳閣内部

35.jpg2.jpg

この日は花嫁衣装の展示会がありました。

42.jpg26.jpg

清涼軒

32.jpg30.jpg

紅葉がしっとり美しいところです。

28.jpg1.jpg

山口誓子(やまぐちせいし)の「糸桜 水にも 地にも 枝を垂れ」の句碑があります。