ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

金比羅様と燈籠(高野山西)

kon4.jpg

金比羅様(2014年7月3日取材)

 山西地区の南の道のそばに、大きな石の燈籠ががあります。その西の丘の上には、金比羅様がおまつりしてあります。

 金比羅様といえば、四国讃岐の金比羅様が本社で、有名なお宮です。各地に、山西にあるような金比羅様がまつられています。この地方では、加茂の金比羅様が有名ですが、広野にも、河辺にもあります。

 金比羅様というのは、旅の神さま、とくに海上交通の守護神です。

では、なぜこの地方に、海に縁の深いお宮があるのでしょう。山西にまつられたのは、江戸時代の中ごろのことのようです。

 今もむかしも、旅は、人生のたのしみのひとつです。でも、いまのように交通機関が発達していなかった時代の旅の苦労は、わたしたちが想像するよりたいへんだったことでしょう。それでも、むかしから、一生にいちどは、お伊勢様におまいりするものだという信仰がありました。

津山地方からお伊勢様まいりをすると、すくなくとも十日間はかかりました。道中、山あり海あり、なんぎな旅でした。お金もそうとうかかりました。そこで、お伊勢講という講をつくり、一年に一人か二人が順番で旅に出たようです。

 旅の出発にあたっては、講仲間がみんな集まって、送別会をひらき、道中の安全をいのったそうです。また、ぶじに帰ったときは、村境まで出むかえて、ぶじの帰りをいわったそうです。道中で見聞きしたことを、おもしろおかしく物語りするのを聞くのも、村の楽しみのひとつでした。

 この地からの旅は、高瀬舟で吉井川を下り、西大寺から瀬戸内海を舟で大阪に行き、そこから陸路お伊勢様まで歩いて行きました。そうしたことから、海上交通の金比羅様をおまつりしたのだと考えられます。

 全員の人がお伊勢詣でを終わった時、講のしくみから考えて、そうとうのお金が残ります。

 送別会、歓迎会の飲食費を使っても、まだ残ったようです。そのお金で、金比羅燈籠を作って、奉納したのだといわれています。

 金比羅様ですから、四国の金比羅まいりではないかという説もあり、ときには、金比羅まいりをした時代もあったのではないかとも考えられます。

※「講」いろいろな目的のために、お金を出し合って助け合うグループのこと。

 「伊勢講」は、お伊勢参りをするために、村人がグループをつくって、お金を出し合い、毎年数人が順番でお参りした。「牛講」もそのひとつである。(参考:文中資料 むかし高野より)2014年7月3日取材

kon1.jpgkon2.jpg

金比羅様への参道

kon6.jpgkon9.jpg

拝殿

kon7.jpgkon11.jpg

拝殿

kon5.jpgkon8.jpg

本殿

kon13.jpgkon14.jpg

苫勝大四十八番霊場 金比羅庵


konpira.jpgtourou1.jpg

燈籠2015.1.23