ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

『藁屋根の風景 合田徳一郎遺作展』

31.jpg

2016年1月16日(土)から2月14日(日)まで『藁屋根の風景 合田徳一郎遺作展』が棟方志功・柳井道弘記念館(M&Y記念館)にて始まっております。合田さんは「藁屋根の画家」として親しまれて来られました。山陰出張の帰りに伯備線の車窓から見た、高梁市入江地区のわら葺屋根の民家に魅せられて以降、日本の原風景ともいえる藁屋根の家を描き続けて来られました。展示では、藁屋根の風景を中心に作品が展示されています。(2016年1月20日撮影)

18.jpg16.jpg

合田徳一郎氏自画像                パレット

1.jpg4.jpg

初雪降る                     無題

10.jpg12.jpg

雪の廃屋

6.jpg2.jpg

無題                       阿哲の曲家

3.jpg9.jpg

森かげの家                    阿哲の秋

5.jpg7.jpg

北房の農家                    晩秋の峠下

21.jpg23.jpg

合田氏の作品

25.jpg26.jpg

今回は、「作品を多くの方に末永く愛していただきたい」というご遺族のご厚意により、当館にて合田さんの作品も販売されています。