ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

愛染寺にて「子育て水子地蔵万灯会」がありました。

mizuko18.jpg

2016年8月24日午後7時から、津山市西寺町にある愛染寺にて「子育て水子地蔵万灯会」がありました。当日の夕焼けはとても美しく思わず写真に収められずにはいられないほどでした。また、毎年子ども達が描いた灯ろうに火をともし、檀家の皆さんが多数来られて供養が厳かに行われました。
 愛染寺は、鐘楼門及び仁王堂は、岡山県指定文化財建造物に指定されています。また、大師堂裏に「秋月妙清信女」の墓があります。この墓は神崎与五郎則休の生母の墓で、元禄3年に死没し、与五郎がここに葬りました。与五郎は寛文6年津山 で生まれ、のちに赤穂藩浅野家に出仕、赤穂義士として元禄16年江戸城水野邸で自裁、泉岳寺に眠っています。(2009年9月撮影時の様子)(ぼたん祭りの様子

mizuko30.jpgmizuko39.jpgmizuko40.jpg

愛染寺の昼間の様子です。

mizuko34.jpgmizuko14.jpg

お世話役の愛染寺密教婦人会の皆さんが準備中でした。

mizuko1.jpgmizuko3.jpg

津山市立西小学校です。

mizuko4.jpgmizuko2.jpg

西寺町界隈の夕暮れ

mizuko5.jpgmizuko19.jpg

愛染寺山門の提灯と境内

mizuko16.jpgmizuko8.jpg

子ども達が描いた灯ろうに灯がともって厳かです。

mizuko9.jpgmizuko410.jpg

本堂から読経が流れてきます。

mizuko37.jpgmizuko32.jpgmizuko33.jpg

真っ白い百日紅         子ども達が描いた灯ろう