ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

長法寺のイチョウの木(津山市井口)

cyo16.jpg

名木百選 「長法寺のイチョウ イチョウ(イチョウカ)」  津山市井口 推定樹齢200年
明治の詩人薄田泣菫がその名著「二十五弦」に出した長詩の一節のモデルといわれているイチョウである。2014年11月20日取材
2009年の取材)(2010年の取材)(2012年の取材)(2014年の取材

cyo1.jpgcyo2.jpg

当寺は又、美作西国霊場廿九番の札所であり
 ここはまたこがねの光る山なれば
  したがう法のたまやもとめん
の御詠歌があり、庶民信仰の霊場として、済世利民の益多く、今日尚益々盛んであります。 (長法寺)

cyo8.jpgcyo4.jpg

イチョウの木

cyo15.jpgcyo17.jpg

イチョウの木

cyo13.jpgcyo12.jpgcyo14.jpg

薄田泣菫先生
(ススキダキュウキン)本名は淳介 明治10年、岡山県浅口郡連島町に生る。(現在倉敷市)毎日新聞学芸部長となる。記者としてよりも詩人として有名にな り、昭和20年10月生家で其の生涯を閉じた。原作は明治34年10月30日、当寺近辺を逍遥、大公孫樹を見た時の作、彼25才の時なり、詩の全体は三章 百行に亘る大作なり。

cyo6.jpgcyo3.jpg

阿弥陀堂(説教堂)には、阿弥陀如来を本尊とし、脇侍に天台大師、伝教大師をおまつりしている。現在のお堂は弘化2年(1845年)西方にあったものを移し、阿弥陀堂兼客殿として再建す。
明治6年(1873年)津山城取り壊しの際贈られた。本丸御殿の鬼瓦、鯱(しゃち)、紫陽花(あじさい)の絵を描いた襖障子がある。

cyo9.jpgcyo10.jpg

この日は紅葉も綺麗に色づいていました。