ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

2012年11月14日 長法寺の大イチョウと紅葉

長法寺3.jpg

名木百選 長法寺のイチョウ イチョウ(イチョウカ) 推定樹齢200年
 明治の詩人薄田泣菫がその名著「二十五弦」に出した長詩の一節のモデルといわれているイチョウ。長法寺は紫陽花でも有名なお寺で、明治6年(1873年)津山城取り壊しの際贈られた本丸御殿の鬼瓦、鯱(しゃち)、紫陽花(あじさい)の絵を描いた襖障子も見事です。
 イチョウの木が黄色に色づくころ、境内のモミジも色づいて綺麗でしたよ。

長法寺の取材はこちらあじさい祭の様子はこちら

長法寺16.jpg長法寺2.jpg

遠くからでもよく見えるイチョウの木

長法寺9.jpg長法寺4.jpg

空にそびえたっています。

長法寺5.jpg長法寺6.jpg

境内の紅葉が色づいて

長法寺7.jpg長法寺8.jpg

弁天様の周りの紅葉

長法寺10.jpg長法寺11.jpg

四季折々に美しい境内の樹木

長法寺15.jpg長法寺1.jpg