ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

Fukuyasu Okuda展(M&Y記念館)

fu20.jpg

ー奥田福㤗氏の創造する陶芸の世界ー(2016年4月15日撮影)
 今回の企画展では、2012年に定年を迎え地元津山に戻って創作活動・ギャリ―活動を続けている奥田福㤗氏の陶芸作品にスポットを当てます。
 前期は「明日への思い」と題し、2011年の東日本大震災を契機とし、日々起こる様々な出来事や、日々の生活の中から、奥田氏自身が感じた印象や思いを、具体的な形にした作品を展示いたします。
前期:2016年4月2日~5月3日・後期:2016年5月7日~6月5日(文:M&y記念館)

okuda.jpgfu21.jpgfu3.jpg

テーマ:明日への思い(4月2日~5月3日)2011年東日本大震災は、私にとってあまりにも大きく心にのしかかり、しばらく作陶の意欲をなくしていましたが、時を経て「光と影」を制作しました。この作品は、日人生の光と影の部分を泥彩技法で表現したものです。この大震災は言葉では言い表せないくらい悲しい出来事でした。あれから5年、いまだに仮設住宅で生活している人たちも多く、一刻も早く普段の生活に戻れることを祈らずにはいられません。
 永い人生の中には、光の当たる時、陰になる時、また照る日・曇る日・雨の日色々なことがあると思います。「明日への思い」は、東日本大震災で被災された肩のみならず、私たちそれぞれが思い描く理想のかたちです。今回の展示は私なりに「明日への思い」を表現しました。
 あなたの進路、日本丸の進路、そして今の針路は・・・・・・   奥田福㤗

fu5.jpgfu6.jpg

光と影                     祈り

fu7.jpgfu9.jpg

MEGUMI

fu8.jpgfu10.jpgfu13.jpg

眼                望郷             はぐくむ

fu11.jpgfu12.jpg

まよい

fu14.jpgfu16.jpg

                        光明

fu15.jpgfu17.jpg

つつむ                      WALK

fu18.jpgfu19.jpg

針路