ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

田熊 田んぼの中に祀られている祇園様

tahachi2.jpg
田熊の水田地帯の中ほどに、祇園様が祀られている。構造改善事業で区画整理されている広々とした田んぼの中に、一画だけ2~3の樹木に鳥居と小祠の祭祀場所があるため、遠くからでもすぐ見つけられる。
  祇園様といえば、誰しも京都の祇園祭を連想するように、祇園祭を行う八坂神社から、この神様=牛頭天王を勧請したものであることは明らかである。(文:広野の歴史散歩 宮澤靖彦編著より)2012年8月お涼み

tahachi3.jpgtahachi4.jpg

thachi1.jpgtahacihi5.jpg

明治33年(1900年)に、どのような動機で祀られるようになったか、はっきりしない。昭和13年の棟札には、戦時色濃厚な時代背景がよく伺える。
  棟札の氏子安全や五穀豊穣は一般的だが、夏の疫病の流行や病害虫から身を守ってくれる、いわば厄疫払いが、とくに祇園様の御神徳と言われている。
  この祇園祭は、7月7日から14日までの期間、幟や奉納提灯、さらには子どもの描いた絵灯籠を奉納し、夕涼みをかねてお参りする習わしであった。かって は、子ども神輿が繰り出す盛んな時もあった。昨年度より、この期間の日曜日を祭礼日として定めて、中土居の青壮年グループ「昭和会」が準備に当たり、祇園 様の祭礼並びに花火などのいわゆる賑やかし行事を行っている。

(文:広野の歴史散歩より)

(編著者:宮澤靖彦さん)