ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

本源寺 本堂(津山市小田中)

honden.jpg

▲東海山 本源禅寺 本堂 国指定重要文化財(2013年6月17日、7月3日取材)

 本源寺は、津山市街西部に位置する、臨済宗妙心寺派の寺院で、津山藩主森家の菩提寺である。境内中央に本堂が建ち、東に庫裏が並ぶ。本堂の北西が森家の墓所で、霊屋と霊屋表門を配する。
 本堂は慶長12年(1607年)に上棟され、桁行25.3m、梁間18.9mの方丈型本堂で、屋根は入母屋造、桟瓦葺とする。現在花頭窓が設けられている正面などは改変されているが、柱や梁組などの主要構造は当初の様子をよくとどめている。

詳しくは津山瓦版の過去取材の様子でご覧ください。

hondou1.jpghari3.jpg

津山市小田中にある東海山 本源寺の

本堂、庫裏、御霊屋、霊屋表門、中門が国指定重要文化財


 江戸時代 前期までに建てられた津山藩森家菩提寺の東海山 本源寺が新たに国の重要文化財に指定されることになり、2013年7月1日(月)~7日(日) 午前10時~午後5時まで国指定重要文化財記念として一般公開されました。また、7月7日(日)は森 忠政公380年忌法要が行われました。


☆本堂には御本尊に釈迦牟尼仏、右に達磨大師、左に木像森忠政公像〔(1631)作で、公62歳の寿像〕を祀る。鎮守は弁才天。庫裏には韋駄天像(いだてん ぞう)をお祀りしています。

kawara1.jpg本堂5.jpg

☆本堂の屋根に掲げてある鶴の紋が色がついている

玄関.jpg庭.jpg

☆本堂の正面

本堂1.jpg玄関2.jpg

☆本堂前庭のノウゼンカズラが美しい       ☆御成り玄関

本堂2.jpg本堂中.jpg

☆本堂には御本尊に釈迦牟尼仏、右に達磨大師、左に木像森忠政公像〔(1631)作で、公62歳の寿像〕を祀る。鎮守は弁才天。庫裏の韋駄天像(いだてん ぞう)は、二世大梅禅師の作を七世列堂禅師が毀損(きそん)せしことを畏れ(おそれ)、自ら韋駄天像を作り体内に納め「新古不二 分身一体 両輪後推 長 護千年」と銘して安置す。

本堂4.jpg立面図.jpg

☆本堂

kawara01.jpgkawara02.jpg

☆鯱

(右)森家鶴丸紋の鬼瓦
 この鬼は、平成20年に森家御霊屋を修復した際に、床下から発見されたもの。どの場所で使用されていたかは定かでない。非常に緻密で美しく鶴が表現されている。

kawara03.jpgkawara04.jpg

▲御成玄関 葵紋の鬼瓦
 本源寺には玄関が三つあり、庫裏の玄関と本堂の東の玄関と、西の御成玄関である。庫裏の玄関は台所用向き、本堂東の玄関は本源寺の正式な玄関。御成玄関は藩主のみが使用する藩主専用の唐破風の玄関である。当初は森家の「鶴紋の鬼」が使われていたと思われるが、藩主が松平家に変わり、本源寺は松平家の菩提寺にもなったので、以後 松平家の「葵紋」を寺紋として使用するようになった。

kawara05.jpgkawara06.jpg

(左)本堂 隅木蓋瓦

 本堂の「隅木」の先端を風雨から護るため、隅木の先端に取りつけられた瓦である。

(右)本堂 本源寺庫裏屋根 守護神

kawara07.jpgkawara08.jpg

(右)本堂 降り鬼
 この二つの鬼は、開口による阿吽の違いは無いが、額に牡丹の花とつぼみ、眉毛の上下、髭の形に違いを付けている。

kawara09.jpgkawara010.jpg

(左)本堂 二の鬼

 この「二の鬼」や「隅鬼」「降り鬼」などの鬼面の周りにある複数の丸は、数珠を現しており、「数珠掛鬼瓦」という。「二の鬼」は、隅棟の途中に乗せるため、「隅鬼」とくらべて鬼面の部分を全体の上部につくり、底部はおわん形にへこむ。

(右)本堂 隅鬼(稚児鬼)

 屋根の隅に向かって斜め方向に降りている棟を「隅棟」といい、その先に付くので「隅鬼」という。隅棟が二段になっているとき、上方の棟を「二の棟」、下方の短い棟を「稚児棟」という稚児棟の先に付くのは「隅鬼(稚児鬼ともいう)」二の棟の先に付くのは「二の鬼」という。「隅鬼(稚児鬼)」は、隅棟の山の所に乗せるため、それに合わせて底部が「への字」にへこんでいる。

kawara011.jpgkawara012.jpg

(左)庫裏の 降り鬼

 庫裏の降り棟の鬼瓦。大棟から、軒先に向かって降ろした棟を「降り棟」といい、その先に付くので「降り鬼」という。降り鬼の特徴は屋根に乗せるため、底部が真っ直ぐであること。この鬼は、大棟の鬼瓦と同じ元文4年に上げられた。阿形と吽形がある。

(右)庫裏南面の大棟の鬼瓦
 当初、庫裏の屋根は「柿葺」であった。柿葺とは、幅9~10センチ、長さ24~30センチ、厚さ2~3ミリの薄板をずらしながら下から重ねて葺いていく葺き方である。この鬼は、元文4(1739)年に「柿葺」から「瓦葺」に変えた時に上げられた南北の大棟の南側の鬼、額に太陽を付け、眉毛は逆立ち、口を開いた阿形。大棟の鬼瓦は大きいので、いくつかの部品を組み合わせる「組鬼」となっている。これは、胴と足を組み合わせた「三つ組鬼」

IMG_6643.JPGkawara014.jpg

(左)庫裏北面の大棟の鬼瓦
 元文4年の庫裏の北側の鬼瓦。額に月を付け、眉毛は下がり、口を結んだ 吽形。

(右)本堂大棟 左卍の鬼瓦
 慶長12(1607)年頃の創建当初の鬼瓦。元は、胴と足を組み合わせた「三つ組鬼」であったが、足の部分は失われてしまった。「卍」は、仏の胸や手足などに表される徳・瑞相・吉祥の象徴。吉祥万徳の集まる所の意味もあり、寺院でよく使用されている。右卍と左卍があるが、日本では左卍が多く用いられる。古代インドでは右卍が多いが、中国や日本ではその区別はない。卍の日本最古の例は、薬師寺本尊の薬師如来の掌と足の裏に描かれたもので、白鳳時代である。

zenzu.jpgkawara015.jpg

☆本源寺鳥瞰図

hondou.jpgkuri.jpg

本堂                           庫裏や蔵、長屋も見えます。

mitamaya.jpgmon.jpg

御霊屋と御成り門                  総門から中門までに灯篭があった。

nakamon.jpgsakusya.jpg
 この絵は、明治28年立秋に描かれた本源寺の鳥瞰図である。和田陵雨作。伽藍は、現在とさほど変化はない。参道には燈籠が、七基づつ並んでいる。参道両脇は、当初 蓮池がある庭園であったが、宝暦年間(1751~1763)に伽藍維持に困窮した本源寺10世萬愚和尚が、庭を開拓し田畑とした。御霊屋前の御成門には、朱塗りが施されている。

hondou3.jpgkago1.jpg

☆本堂の欄間                    駕籠

kawara01.jpgkawara2.jpg

☆本堂の鬼瓦

1.jpg2.jpg10.jpg11.jpg

☆本堂の鬼瓦

12.jpg7.jpg3.jpg13.jpg

☆本堂の鬼瓦

6.jpg9.jpg4.jpg5.jpg

☆庫裏の鬼瓦

14.jpg15.jpg16.jpgkame1.jpg

☆鬼瓦

aoi1.jpgturu.jpgturu1.jpgturu2.jpg

↑御成り玄関の鬼瓦

shiyachi3.jpgshiyachi1.jpgshiyachi2.jpgkami.jpg

☆鯱

kame.jpgoni1.jpgkiri.jpgaoi.jpg

☆本堂の瓦と守り神


鞍懸寅二郎の墓

tokijirou1.jpgkurakake.jpg

 本源寺内には、鞍懸寅二郎の碑なるものがある