ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

頭取 宮城野善平墓(下高倉西字後山)

宮城野1.jpg

 美作地方は幕末から昭和の初め頃まで、奉納や勧進の草相撲が盛んであった。『作州東部大相撲帳』によると、高倉地区の力士は明治21年から明治末年に29名と記されており、多くの力士が出て活躍していた。頭取(相撲の指導者)宮城野善平の門弟たちが、その功績をたたえ墓碑を建立したものである。(文:高倉の歴史と文化財より)

宮城野善平.jpg宮城野2.jpg

道のすぐ側にあります。

この墓の裏手の丘に大日如来と古道があり、更に行くと堀内家のお墓があります。

宮城野4.jpg宮城野3.jpg

墓碑には、「頭取 宮城野善平墓 門人中 発起人 靏島民蔵 都川宇一 宮錦蜂一 明治二十八年乙未十月建立」とある。


福田さん1.jpg頭取4.jpg

下高倉西地区を案内いただいた、中島さんの畑に隣接した場所に靏島民蔵(中島米蔵二男中島民蔵)の墓がある。(頭取 宮城野善平墓 門人中 発起人の一人)

頭取.jpg頭取2.jpg

霧島民蔵の墓
2013.12.11取材