ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

文化財めぐり(小田中 法源山 宗永寺)

soueiji4.jpg

 2015年12月6日(日)津山郷土博物館友の会 第107回 文化財めぐり「森長継の生母 渓花院ゆかりの史跡探訪」があり、宗永寺(本堂内・森家墓所)を拝見してきました。
 宗永寺の由緒:山号は法源山、臨済宗東海派。長継が生母・渓花院の供養のため創建。家臣の市村重政・各務元正を奉行として堂宇を建立させ、明暦2年(1656)落成。方丈・書院・庫裏・廊下・中門・外門など、いずれも美麗を極めたという。渓花院の住持・正伝を開祖とし、渓花院の法名にちなんで宗永寺と命名、寺領として150石を寄進。森家の改易後は徐々に衰退し、天保年間に火災に遭うなどして、伽羅は昔の規模をとどめていないが、幕末に田中諦堂が住職となり、堂宇の修繕に努めた。明治17年(1884)の時点で境内は東西19間(約34m)・南北49間(約88m)あり、現状よりも北に大きく広がっていた。現在の本堂はかつて観音堂で、33体の観音像のほか、渓花院をはじめとする森家一門の位牌を安置する。(矢吹正則『津山誌』ほか参照)(文:津山郷土博物館友の会 第107回 文化財めぐりより)

soueiji35.jpgsoueiji34.jpg

山門                       本堂

soueiji5.jpgsoueiji1.jpg

境内

soueiji6.jpgsoueiji7.jpg

本堂                      庫裏

soueiji2.jpgsoueiji3.jpgsoueiji8.jpgsoueiji14.jpg

境内の庭にさりげなく置いてある石の芸術

soueiji16.jpgsoueiji20.jpg

↑渓花院の50回忌供養のため、寛文(1664)に長継が隠元に依頼して書かれた詩偈(しげ)(倉敷・龍昌院所蔵)【口語訳】ふっと思い出すと、亡き母親の面影が見え、まるで仏様の光が照り返すように、心の奥深くの暗闇を明るくしてくれる。にわかに空には高大な山が出現し、さらにその上に神聖な星が顕れる。 母へのほんの一言が道を切り開き、天から受けた運命をめぐらす。ちょっとした言葉がきっかけとなって、母の霊を呼び覚ます。
孝行の道は全力であらわせば、その名はますます重みを増す。名継公は怨みも情けも関わりなく広い心で、自らの徳をはかり考えて民を治め、その評判の高さは広く世に伝わる。
母の命は月下美人のように美しくもはかないものだったが、これからは、のどかな場所でのんびりと咲かせたい。母を手厚く供養して蓮の台に導くことで、奥深く素晴らしい悟りへの筋道を手に入れるのである。


 渓花院(於郷):(文禄4~元和元[1595~1615])森忠政の娘、母は清泰院、兼山生まれ。いとこの関成次に嫁ぎ、長継・長政・衆之の三兄弟を出産するが、元和元年12月6日、わずか21歳で津山にて他界。法名は渓花院殿春嶽宗永大姉。夫の成次により、西寺町の墓所を取り込んで寺が開かれ、法名にちなみ渓花院と命名。後に津山藩主となった長継は、藩主の生母として改めて供養を思い立ち、新たに宗永寺を開き、ここにも供養墓を建立。(文:津山郷土博物館友の会 第107回 文化財めぐりより)

soueiji22.jpgsoueiji19.jpg

33体の観音菩薩像                一番左の位牌が渓花院(於郷)さんです。

soueiji17.jpgsoueiji18.jpg

位牌

soueiji28.jpgsoueiji13.jpg

大名墓                     宗永寺、本源寺の住職が案内くださいました。

soueiji27.jpgsoueiji29.jpg

本光院(長継娘・御鍋)墓            影幻院(長継子・吉之助)墓

soueiji30.jpgsoueiji31.jpg

渓花院(長継母・於郷)供養墓          楊林院(長継子・頼母)墓

soueiji32.jpgsoueiji33.jpg

清泰院(長継祖母・於竹)墓           梅雲院(長継側室・於つま)墓

※凝灰岩の基礎石組に花崗岩の五輪塔を乗せ、梅雲院以外は全高4m以上と、本源寺の墓碑と同様の使用で、もち家一門の墓所としてふさわしい風格を備えている。市指定の重文。(以前の取材はこちら)

soueiji10.jpgsoueiji26.jpg

案内と地蔵

soueiji24.jpgsoueiji25.jpg

昔のお寺の見取り図