ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

津山金箔ソフトが出来ました。

kinpaku9.jpg

 金箔ソフトクリームが城東地区にある観光案内所「和蘭堂」で新発売されると聞いて、城東町並み保存地区にある「和蘭堂」に行ってきました。
 "2014年「和紙」がユネスコ無形文化遺産に登録され、世界的にも認められています。また、津山市重要無形文化財の横野和紙では、金箔の保存、運搬にも使われ金箔を影で支える重要な役割をしている「箔合紙」を昔ながらの手漉きで作っています。津山箔合紙と金箔の関係をもっと多くの方に知って頂き、津山箔合紙の良さを幅広く知って頂きたいと思います。"(文:津山市)
11月までの期間限定販売(890円)だそうです。和蘭堂:午前10時~午後5時、月曜定休(祝日の場合は翌平日)(2019年7月20日撮影)

IMG_8343.JPGkinpaku8.jpg

金箔紙が飛んだらいけないので、囲の中で作業をするそうです。

kinpaku0.jpgkinpaku7.jpg

コーンを巻く紙にも上田手漉和紙工場の箔合紙が使われています。

kinpaku5.jpgkinpaku4.jpg

ソフトクリームをカップに入れて、金粉を振ります。

kinpaku6.jpgkinpaku3.jpg

金箔紙を剥がすのにも緊張で手が震えるそうです。
金沢市で作られた金箔と金粉をソフトクリームに載せます。

kinpaku2.jpgkinpaku12.jpg

手早くさっとソフトクリームに貼りつけます。

kinpaku10.jpgkinpaku11.jpg

この金箔を保護しているのが津山市横野で作られた箔合紙で、上田手漉和紙工場で作られています。