ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

本源寺 御霊屋表門(津山市小田中)

nakamon2.jpg

本源寺 御霊屋表門 国指定重要文化財 (2013年6月17日、7月3日取材)

 御霊屋表門は、御霊屋と同じ時期の建築とみられ、間口2.7mの四脚平唐門で、屋根は銅板葺とする。御霊屋同様に頭貫の地紋彫、蟇股彫刻や冠木先の八双形彫刻など精緻な細工を施す。

nakamon.jpgmon9.jpg

☆御霊屋へ入る門(四脚平唐門)

御霊屋には、忠政のお位牌があるのですが、154cmあり、この位牌が忠政公の実寸だったのでは?と言われている。

mitamaya17.jpgmitamaya18.jpg

☆地紋模様

mitamaya27.jpgmitamaya26.jpg

☆花菱模様

mon20.jpgmon19.jpg

☆七宝模様の地紋彫

mon10.jpgmitamaya21.jpg

☆この塀は当初は本堂と繋がっていたそうです。今でも本堂に跡が残っています。

mitamaya25.jpgmon12.jpg

mon17.jpgmon18.jpg

☆本源寺第23世に案内いただきました。

mon15.jpgmon16.jpg

☆随分細かな文様です。

mitamaya22.jpgmitamaya23.jpg

☆この敷石の上に乗っているのは珍しい、木製の礎盤


jizou1.jpgjizou.jpg

(左)長尾勝明が「父の為に建てた」と書いた石柱があったそうです。それが前の石柱です。

(右)こちらは長尾勝明が「忠政公の為に」と書かれていたそうです。