ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

本源寺 庫裏(津山市小田中)

庫裏1.jpg

本源寺 庫裏 国指定重要文化財 (2013年6月17日、7月3日取材)

 庫裏は延宝(1673年~1680年)ごろの建築とみられ、桁行20.0m、梁間12.0m、一部二階、屋根は切妻造、桟瓦葺で、南面妻入とし、出入口に庇を付す。南面を除く三面に居室、便所及び浴室など居住のための改変が加えられているが、柱や梁組などの主要構造や平面の構成は、建築当初の状態よく残す。

かま.jpgかま1.jpg

☆入り口から入ると正面右に大きなかまどがある。

くり2.jpgくり6.jpg

☆庫裏の天井                     ☆板木

かみ.jpgくり5.jpg

☆正面にある仏壇                   ☆大きな屏風

くり4.jpgheya1.jpg

☆庫裏の廊下おトイレへと続く

heya.jpgosyo.jpg

☆部屋                                                  

toko.jpgfuda.jpg

☆部屋                         ☆松平の葵の紋がある 

fusuma1.jpge.jpg

☆部屋

ume5.jpgume4.jpg

☆水屋                          ☆梅の絵の描かれている

ume2.jpgくり3.jpg

☆梅の絵の描かれた鴨井              ☆庫裏から本堂へ続く廊下        

niwa3.jpgniwa4.jpg

☆中庭


津山市小田中にある東海山 本源寺の

本堂、庫裏、御霊屋、霊屋表門、中門が国指定重要文化財


 江戸時代前期までに建てられた津山藩森家菩提寺の東海山 本源寺が新たに国の重要文化財に指定されることになり、2013年7月1日(月)~7日(日) 午前10時~午後5時まで国指定重要文化財記念として一般公開されます。また、7月7日(日)は森 忠政公380年忌法要が行われます。