ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

松風庵(火伏十一面観音菩薩)(津山市河辺)

hibuse15.jpg

⑤松風庵(火伏十一面観音菩薩)
 松風庵(火伏十一面観音菩薩)には、昔観音山の南に有った国分寺奥の院が消失した時、本尊が一時まつられていた説があります。
 以前建物は、国道179号線の道路上にあり、現在は移築されました。
 松風庵の由来は、824年国分寺の南西松風山に創建された観音堂(松風庵)で、この地が三度目の移動地であると伝承されています。
 毎月17日におまつりがあり、講組の方々により各種行事がとり行われています。
 また敷地内には、各僧泰禅上人の墓碑があり、庵内には厨子に安置された上人座像がまつられています。

泰禅上人は長尾山誠心院(現在の勝央町植月)を創建した僧で、数々の善行と慈悲深い名僧でした。晩年河辺の地に滞在され、享保元年(1801年)亡くなられました。(河辺の史跡・作成:河辺親和会・河辺町内会より)2014.5.18取材

hibuse1.jpghibuse14.jpg

国道179号線から見えます。

hibuse7.jpghibuse10.jpg

観音堂

hibuse13.jpghibuse11.jpg

第79番観音菩薩

hibuse2.jpghibuse8.jpg

鐘楼

hibuse6.jpghibuse5.jpg

大日如来の碑

hibuse4.jpghibuse3.jpg

馬頭観音の碑

松風庵hi_1.jpg