ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

随雲山 龍澤寺(二宮)

hondou.jpg

 その昔、宇那提ヶ森の近くに大きな深い淵があり、大蛇が潜んでいて、人々に災いを及ぼしていました。ある時その大蛇を退治した折、祀るための寺を建て随雲山龍澤寺と号したと伝えられています。

 嘉永十一年(1634)に阿弥陀如来を本尊として堂が建立されて以来、栄枯盛衰を繰り返しつつ、現在に至っています。現在の建物は、昭和四十五年に再建されたものです。本堂は平成二十七年(2015)に再建されたものです。

ryu2.jpgryu15.jpg

龍澤寺参道

ryu4.jpgryu6.jpg

龍澤寺境内

ido.jpgryu.jpg

弘法大師加持井=境内奥にあり、弘法大師が使われて以来、どんな時にも枯れたことがないといわれています。(2015年7月15日取材)

ryu3.jpgryu13.jpg

龍澤寺のさるすべり                   庫裏

ryu11.jpgryu10.jpg

安産・子育ての観音様として信仰されている不洗観音様をお祀りしています。

ryu9.jpgryu8.jpg

江戸時代初期に、宇那提ヶ森の東にあった薬師堂を境内に移築したと伝えられています。末社 

ryu12.jpgryu1.jpg

(文:高野山真言宗 美作八十八ヶ所霊場会 美作霊場めぐりより)

(2014年9月23日・2015年7月15日取材)