美作の大庄屋巡り「田口家 田口三郎兵衛」

taguchi7.jpg

田口家 田口三郎兵衛 東北条郡籾山村 森藩
大庄屋まで
 田口家の氏租は、田口光政といわれ、北高田城(横野村)に居城し、山名時氏に属して、美作の平定に功労があったといわれる。後裔は尼子氏に従い、永禄の頃毛利氏の属し、神楽尾城を守っていた。天正7年(1579)の落城後、宇喜多氏に属した時もあった。
 田口三郎兵衛が森藩の大庄屋に任命され、籾山、勝部、志戸部、大田、川崎を合せて所管した。
大庄屋として
 三郎兵衛は、森長継が家督相続をした時、有元平左衛門、中島九郎兵衛、鈴木九右衛門らと共に祝賀のため出府している。
 津山市上田邑の田口山引乗寺は光政により創建され、田口家の菩提寺として庇護された。

taguchi5.jpgtaguchi6.jpg

所在地
 籾山村は、低丘陵とその浸食谷からなる村で、丘陵上を志戸部から横野を通り、加茂に行く道が通っている。
屋敷・墓地
 屋敷は、丘陵の南斜面に位置し、後背の丘は、田口砦と言う。茅葺の母屋は当時の姿を忍ばせ、今も子孫が居住している。背後の丘陵上に先祖を祀る高良神社がある。墓地は東の丘陵上にあり、多くの墓石が立っている。菩提寺は天台宗多聞寺(津山市下横野)である。

taguchi10.jpgtaguchi4.jpg

長屋門です。                  母屋です。

taguchi8.jpgtaguchi13.jpg

蔵です。                    田口家の空撮です。

taguchi11.jpgtaguchi12.jpg

丘陵上を志戸部から横野を通り、加茂に行く道が通っている。
(2019年8月13日撮影)(文:『美作の大庄屋~故地をたずねる~』より)


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。