ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

清應山 高福寺の本堂格天井画は、狩野如林乗信 作

20.jpg

天井画をもう一度拝見したいと、清應山 高福寺の本堂をお訊ねしてきました。
 津山市林田にある清應山 高福寺の本堂建設は、相当な経費をかけての大工事であった。大工棟梁は、播州赤穂南野中村から善左衛門清貞が呼び寄せられ、総ケヤキで高度な技術を駆使しており、当時としてはかなり優れた本堂に仕上げたのである。更に、本堂格天井画には極彩色で描かれた、天女や植物の画132枚がはめ込まれている。これは、本堂建設に先立って、津山藩絵師「狩野如林乗信」に依頼して描いたもので、工事が開始された安永3年の6月28日には既に完成している。(大師殿・客殿・庫裏落慶記念誌より抜粋)2012年5月20日取材

前回の取材はこちらをご覧ください。

a6.jpgakira_4.jpg
奥が本堂
akira_5.jpgakira_3.jpg
客殿
akira_2.jpgakira_1.jpg
本尊(十一面千手観世音菩薩)             不動明王像
ma1.jpgma2.jpg
胎蔵界曼荼羅                       金剛界曼荼羅
a7.jpg30.jpg

a1.jpg34.jpg31.jpg32.jpg

33.jpg2.jpg

1.jpg3.jpg4.jpg6.jpg

16.jpg18.jpg

7.jpg8.jpg9.jpg10.jpg

14.jpg15.jpg

21.jpg22.jpg

nezu.jpg牛.jpg寅.jpgウサギ.jpg
堂内には、十二支の彫刻が配置されています。
龍.jpgへび.jpg馬1.jpg羊.jpg

猿.jpg鳥.jpg戌.jpg猪.jpg

清應山 高福寺
第八十一番霊場
所在地〒708-0822津山市林田667番地

電話(0868)22-5214
FAX(0868)23-2929