干し柿のブランデー漬け

2019-1-7kaki7.jpg

 2019年1月27日(日)城東むかし町家(梶村家)で "リピーター続出!大人の甘美なフルーツグルメ「干し柿のブランデー漬け」作り体験~西条柿に魅せられた田中農園ご自慢の逸品~" という「つやま小旅」体験プログラムがありました。丁度、お正月が過ぎても我が家に残っている「つるし柿」をブランデー漬けにしてみようと友人と参加して来ました。しかも瓶を2つ持ち帰りできてラッキーでした。紅茶といただくと更に美味しいですよ。

2019-1-7kaki16.jpg2019-1-7kaki10.jpg

西条柿の特徴、美味しい柿の見分け方などレクチャー。講師は、田中農園の田中綾子さんです。

2019-1-7kaki14.jpg2019-1-7kaki9.jpg

干し柿を割って種を取りだす。          種を取りだした所です。

2019-1-7kaki1.jpg2019-1-7kaki13.jpg

ホワイトリカー or 紹興酒 or 杏露酒        瓶に干し柿を詰めブランデーを入れる。

2019-1-7kaki8.jpg2019-1-7kaki6.jpg

杏露酒漬けです。浸けて2・3日で食べられます。

(干し柿のブランデー漬瓶詰めは長期間保存を目的にしたものではありません。
冷蔵庫に保存してお早めにお召し上がりください。ブランデー漬けは6ヶ月、杏子酒漬けは2週間、本日使用の干し柿はブランデー漬け用のものではなく、つるし柿と呼ばれるものです。※チョコでコーティングしたり、フリッターにしても美味しいですよ。)とのことでした。

2019-1-7kaki2.jpg2019-1-7kaki5.jpg

あんぽ柿です。                 柿のチップスです。

setsumei-1.jpgsetsumei2.jpg

(2019年1月27日撮影)


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。