ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

【津山人】宇田川 榕菴(1798-1846)

0youan.jpg

好奇心旺盛な江戸時代最高の科学者」と呼ばれています。

 寛政10年(1798)大垣藩医江沢養樹の長男として江戸に生れる。14歳にして江戸蘭学界の大立者 津山藩医宇田川玄真の養子となり、蘭学に志をたてる。津山藩医のかたわら幕府天文台の訳官にも登用され、蘭医シーボルトとも交友をもった。
 わが国最初の植物学書「植学啓原」や、わが国最初の化学書「舎密開宗」を著し、「日本近代科学の生みの親」と称される。弘化3年(1846)江戸に没す。(その他の記事

youan3.jpgyouan2.jpg

宇田川 榕菴のブロンズ像

宇田川榕菴の「植学啓原」は、わが国最初の植物学書です。
榕菴が西洋には植物学があることを知り、花粉」「」「柱頭」などの言葉を作りながら著わしたものです。また、「酸素・窒素・炭素・水素」などの元素名や「酸化・還元」など化学反応を表す言葉。

コーヒーの効能をまとめた小論や温泉の成分の分析、西洋音楽の音律について調べたり、西洋スゴロクやトランプを模写したりしています。

トランプ.jpgtoranpu.jpg

宇田川 榕菴が自ら模写していたトランプです。キングやクィーンなどの目がコミカルに大きく描かれていることや、ジョーカーがないこと、カードの四隅の丸みや数字のないことなど、当時のトランプの特徴が忠実に再現されています。しかも用紙はオランダ製で、できる限り本物に近いものを作りたいという、 榕菴のこだわりが伝わってきます。

(情報提供:津山洋学資料館)

江戸のマルチ人間、宇田川 榕菴が興味を持ち研究したもの

オランダカルタ.JPG清学考.JPG

オランダカルタ                      清学考(演奏していたらしい)

舎密開宗.jpg植学啓原.jpg

舎密開宗                         植学啓原

張込帳大砲図.jpg張込帳樺太図.jpg

張込帳大砲図                      張込帳樺太図

張込帳昆虫.jpg張込帳かば.jpg

張込帳昆虫                       張込帳かば

(写真データ提供:津山洋学資料館


youan.jpgyouan1.jpgyouan2.jpg

絵が上手ですね。