ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

可愛い顔の「C11-80機関車」です。

sl_10.jpg

C11-80機関車の概要(2011年7月1日取材)
製造月日 昭和10年3月30日
廃車月日 昭和50年1月24日
製造場所 日立製作所笠戸工場
運転線区 昭和10年4月19日 予讃本線(松山機関区)
     昭和19年4月3日 芸備線(三次運転区)
     昭和23年7月8日 津山線(津山機関区)
     昭和48年4月11日 只見線・会津線・日中線(会津若松運転区)
運転キロ 1,751,397.8キロメートル
由  緒 本機は、ディーゼル車両が多用化されるまで、支線の短区間旅客列車用に造られた、代表的なタンク機関車で、昭和23年7月から津山機関区に配属され、24年間県北部において、戦後復興の担い手として客貨輸送のため走り続けて来た。その間、昭和37年10月の岡山国体には、お召し列車を、昭和46年3月津山線ディーゼル化の際は"サヨナラSL"の牽引機として、地域住民に親しまれた機関車である。
 しかし、動力近代化の波におされて、陸奥の会津若松にてその生涯を終える。
参  考 長さ 12.65メートル 幅 2.83メートル
     高さ 3.90メートル
     重量 (積車)66.05トン (空車)51.90トン
     最大許容時速 85.0キロメートル(案内板より)

kikanko3.jpgkikanko1.jpgkikanko.jpg

旧津山扇形機関車庫です。 やはり大きいですね。

sl_1.jpgsl_5.jpg

 津山市立南小学校前にいます。

sl_2.jpgsl_harekanban.jpg

 本当にいつまでも大切にしましょう。

sl_hare1.jpgsl_21.jpg

よ~く見ると 可愛い顔ですね。

sl_20.jpgsl_hare3.jpgsl_6.jpg

 胴体もどっしりと重みがあります。

sl_02.jpgsl_03.jpgsl_04.jpgsl_05.jpg

 横から眺めてもよし!

sl_7.jpgsl_hare6.jpgsl_12.jpgsl_13.jpg

 名前はC11 80なんです。

sl_11.jpgsl_19.jpgsl_16.jpg

 う~ん、複雑です。

sl_17.jpgsl_hare4.jpgsl_hare5.jpg

 実際近寄ると車輪が大きいですよ。